群馬大学産学連携・共同研究イノベーションセンター[トップ] > 包括提携[トップ]
大手企業との包括提携を進める 包括提携ニュース 包括協力提携先企業紹介
 群馬大学工学部と群馬大学産学連携・共同研究イノベーションセンターは、群馬県ならびに、その近隣に本社、主たる研究所、事業所を有している大手企業と包括的な技術提携の締結を進めている。従来は、ややもすれば個人の教官と大手企業の技術陣との共同研究では、点の結びつきが多かった。

 大学と企業の共同研究は、その研究開発をする内容は多岐にわたっているので、大学の研究もプロジェクトやグループにて対応が必要である。既に、平成14年11月には富士重工業褐Q馬製作所、平成15年1月には、サンデン鰍ニの提携は締結済みである。今後、群馬県や近隣の大手企業と十分な打ち合わせをしながら、順次提携を進めて行きたいと考えています。大手企業との包括的な提携は以下に示すようの特徴があります。

【大手企業との提携の特徴】
 1.お互いの持っている研究能力をより高められる。
   大学:基盤研究、専門的に深い、論理的
   企業:グローバル展開、先端シーズを持っている、 開発スピードが速い
 2.大学と企業間で共同研究のコミットメントが可能となる。また、相互の組織的な対応が可能となる。
 3.幅広い分野での交流や共同研究が可能となる。
 4.秘密情報や知的財産権の取り決めが可能となる。
 5.コンソーシアムを組むことで、関連会社の技術レベルの向上につながる。
  また、地域の活性化につながる。
 6.地域クラスター(知的クラスター、産業クラスター)の基盤ができる。

 下図には群馬大学の大手企業や金融機関との連携の一例を示しています(平成20年11月1日現在)。

Copyright (C) , University-Industry Center for Innovation of Gunma University. All Rights Reserved.
メールへ 技術相談へ